うたまっぷトップへ ☆★☆ 人気投票一覧 ☆★☆    ☆★☆ 新着順リスト ☆★☆
* 新着プロフィール一覧 *      
※自作歌詞コーナー専用掲示板※

    検索結果: 全 25 件                           
  歌詞名   作詞者 アップ日付 歌詞についてのアピールコメント
hack
brother sisters 22/06/27 蝕まれていく頭の中
誰が為に鳴る鐘
brother sisters 22/06/27 誰かが鳴らす鐘は、きっと誰かの為になる鐘。
brother sisters 22/06/27 アーチ状ではなく、円形である虹の、その中央は真っ白な空。上下左右に広がってゆき、好きな色になってゆくの。
ネオン
brother sisters 22/05/09 眠らない街で人は夢を見る。それは白熱灯のネオンのように、薄呆けた曖昧な明滅に似ている。そこは幻想と現実との間なのかもしれない。
笑む結び
brother sisters 22/05/09 【えんむすび】と発音します。笑い掛けて声を掛けられ、円になって、満ちゆくことが「円満」であり、縁になってゆくものと思って詞を書きました。
naorahi
brother sisters 22/05/09 直会【なおらい】神道の共飲共食儀礼。神霊との結びつきを強め、加護を受け、身を清めるもの。夥しく氾濫し錯綜する情報群を、私たちはろくに精査もせず己の知識体系としている。得たものは一度この身や心で砕き、取捨選択をしなくてはならない。
蹴飛ばせ 〜kick in my ROCK!〜
brother sisters 22/03/24 歌詞の要所で登場するのは50年代以降のロック曲ばかり。ロックンロールの誕生はロックの死ではない。何世代の時を経ても、ロックの魂は死なず、生き続けている。そういった歌詞です
Loop Loop
brother sisters 22/03/24 RPGゲームになぞらえて、リセットとかゲームオーバーとか、そんな表現が歌詞では月並みかと思い、ダンジョンでぐるぐるするプレイヤー視点の歌詞にしてみました。
ビヨンド
brother sisters 22/03/24 失恋、失って初めて気づく、というテーマのものは多いです。それはつまり、心残りという表現で存在している一種の蓄積量だと思って、以前までの自分を越えた、別の何者かという内容の歌詞にしました。
バースクライ
brother sisters 22/03/03 誕生した日のこと。産声がそれを告げた日。
アリバイ
brother sisters 22/03/03 思い出との手切れは、こうした切符一枚で片付くのだと歌詞にしました。
ゲラウラアプセト
brother sisters 22/03/03 著しい文明の発展に失われていく言語媒体を嘆いています。
It’s up to you!
brother sisters 21/12/17 It’s up to you:きみならやれるさ! という意味です。いつか底抜けに明るい歌詞を書きたいと思っていました。閉塞的になりがちな時代だからこそ、その地上線上を思いっきり蹴飛ばして、はばたく勇気を世界中の人が叶えたと、この21年を振り返り、思って書いた歌詞です。
brother sisters 21/12/17 熱がこもる、気持ちが冷める。本当に体温が上昇したかはわかりませんが、上気するという言葉はあります。心臓のポンプが荒々しく活動するのか、肺が限界値を超え膨縮を繰り返すのか、わかりませんが、確かに体も心も軸線二重にダブるときがあります。そんな詞です。
ナノ
brother sisters 21/12/17 愛を可視化するのは、どだい無理な話でも、あるときはっきりと「あ、これが愛ってやつか!」と漠然なりにも、その一帯に漂う空気を感じ取るときがあります。なんかそこだけ1℃くらい気温が違うのです。きっと私たちの目には見えない微粒子になって、愛はそこらじゅうに漂っているのだと思って書いた詞です。
残光
brother sisters 21/12/17 若さの魅力はその闊達な肉体ではなく脳(なずき)です。柔軟なニューロンを一つ一つ殺して大人になってゆくとき、その細胞たちの悲鳴に耳を傾けられずにはいられないと思って書いた詞です。
ちゃんちゃら
brother sisters 21/12/17 ソーシャルメディア。個人の発信力が今は何よりも親和性をはらみ、マスメディアは公共性を失い始めました。片思いの人(視聴者)に振り向いてもらうため、奇抜にドレスアップして品性を損なってゆくテレビ業界を思って書いた詞です。
現象と現実の往来
brother sisters 21/12/17 am3:00頃、突然目を覚ますと、これまた突然この詞とメロディが出てきて(というよりそれで目が覚めたのかも)、急いで歌詞をメモしたり、録音したりして、まさに夢と現実の往来の中で前触れなく出会ってできた歌詞です。
DROP IN THE DARK
brother sisters 21/12/17 堕ちたから落ちぶれたのではなく、落ちぶれていたから堕ちたのです。そうした闇に身を潜めるながら、より奥底へともつれあう人の様子を思った詞です。
Tokyo Dependency Land
brother sisters 21/12/17 Dependency:依存状態という意味。それと属国という意味も。私たちが依存する国は、今や電子空間上にしか存在しない。そしてその国は嫌なことも辛いことも見なくて済む、楽園のような世界です。そんな夢の国を思って書いた詞です。

検索