うたまっぷトップへ ☆★☆ 人気投票一覧 ☆★☆    ☆★☆ 新着順リスト ☆★☆
* 新着プロフィール一覧 *      
※自作歌詞コーナー専用掲示板※

    検索結果: 全 41 件                           
  歌詞名   作詞者 アップ日付 歌詞についてのアピールコメント
窓辺
brother sisters 20/03/26 歌詞の最後は意図して「卒業式」ではありません。「式典」という行事ではなく、一つの観念的な要素としたいため「別れ」「成長」「旅立ち」多くの意味を含み「卒業」としました。
ノン・フィクション
brother sisters 20/01/20 サスペンス性のある歌詞が書きたい。けれどあまり文字だけの世界でそれを表現すれば、なにがなんだか。ややサスペンスな歌詞にしました。
Round20
brother sisters 20/01/20 2020年を迎えても、闘いは止まない。いつだって人は孤独だし、いつだって勝利はむなしいもの。
霊験あらたか
brother sisters 20/01/20 (れいげんあらたか)神仏へのご利益が効果として顕れる事です。この現代社会では、そんな神事も囃し立てれるエンタメ要素なのでしょう。
10年分のアイラブユー
brother sisters 20/01/20 せっかくなので中央に寄せました。
10年分のアイラブユー
brother sisters 20/01/06
あらゆる1マイルは、冬には2マイルである。
brother sisters 19/12/09 イギリスの詩人、ジョージ・ハーバードの言葉。だけど現実の移り目、特に恋愛なんてのを、そう簡単に線引きしていいものなのでしょうか。
大阪冬色
brother sisters 19/12/09 冬の寒さは、ひとりだと、別れの後だと、より寒く感じるものです。
シンビジウム
brother sisters 19/12/09 シンビジウムとは冬の花。花言葉は飾らない心。
背伸びさせて
brother sisters 19/10/17 背伸びは、そのわずかなつまさきで全身を持ち上げる、必死さが込められています。それなのに縮まる距離はつまさき分しかない、もどかしさもあるのです。そんな届きそうで実際は届かないような恋愛の歌詞です。依頼があり作りました。
菊薫る候
brother sisters 19/10/15 心穏やかに。秋の暦に菊の花は如何ですか?
お前に会えない夜があるばかりに
brother sisters 19/10/15 秋は長月。最も夜を長く感じる季節。それはひとりのせいかもしれない。
秋風のバラッド
brother sisters 19/10/15 「秋風」はあ「飽き」とかけられ、男女の熱が冷めることを意味する言葉だそうです。季節柄、そう思わざるを得よう気もします。
そう、あれは夢だったのよ
brother sisters 19/07/29 夢落ち… ではなく現実の様々に囲まれる今日も、そのほとんどが見聞き知らぬ存ぜぬで、スマホでけで生きている社会。夢のようなら、出逢ったあなたも夢の人なのでしょうか?
勧善懲悪説
brother sisters 19/07/29 人はどうしてマウントを取りたがるのか? で知人と大議論を白熱させたことがあります。愉悦? 支配? それとも愛の裏返し?
道連れて道連れて
brother sisters 19/07/29 旅は道連れ世は情け、人は独りじゃ生きていけないのに、世の中こそが情けそのもの。くれてやる情けはなくとも、連れ立つ人は誰かいるもの。
みなと通り
brother sisters 19/07/29 本当は「みなと通」という通り名です。大阪なんばにあります。
花火一輪
brother sisters 19/07/29 昔、住んでいた家はベランダから家の揺れを感じるほどの間近さで、河川の花火が見れました。部屋から眺めるばかりで、きっと外には手を繋ぎ、それらを眺める人がいるのでしょう。
こんな社会にバットを振れ!
brother sisters 19/07/29 今回の中で一番スムーズに書けた曲。おそらく日頃のしがらみに思い当たるものがあるのでしょう。
お決まりのセリフ
brother sisters 19/07/29 真実を吐くのに、わざわざ言葉を用意するのは変な話なのに、男女の間じゃ当たり前の通過儀礼で、そうでもしないと本当の自分には、相手にはたどりつけない(と思っている)。

検索