ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

少年期、暮れ泥む
作詞 松葉
誰も傷付けたくない
なんて世迷い言

そう思うぼくも何処か
彷徨っている夏の午後

ジレンマという五線譜に
音符と詞(ことば)を並べたなら
伝わるかい、友よ

どうしようもないな
この世は、この身は、この命は
手から溢れて零れるものばかり 愛しいと
想ってしまうんだから

誰に聞いたでもない
御伽噺の続きを

願って止まない夜には
話し明かすよ きみが眠るまで

積もり積もった記号に
押し潰されそうになったなら
独りより二人で

どうしようもないな
呼吸も、痛みも、夢さえも
胸に宿って灯る球体を 少しずつ
蝕んでいくんだから

何度も繰り返した
日々に光芒を!

どうしようもないな
この世は、この身は、この命は
手から溢れて零れるものばかり 愛しいと
想うぼくら

ああ 曖昧になった
輪郭をもう一度なぞって
「ここにいていいんだよ」
そう云って 笑って

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル 少年期、暮れ泥む
公開日 2020/06/30
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント と或る歌い手さんをモチーフに書きました。
松葉さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ