ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

ありふれた恋のうた
作詞 松葉
指切りしてはじまるひみつ
幼い日におぼえたわくわく
青い空の下、夢へ続くドアは
ずっと目の前

ひとりじゃ開(あ)かなかった
きみが傍にいてくれた、から
今ここにいるんだ
隣で笑ってる。

どうかこの胸いっぱいのシアワセ
音楽になって街を彩って
ハートのビートに耳をすませば
大切なものきっと見つかる

散々な過去だって、ほらご覧
燦々と祝福してる

dot to dot  点と点
line to line 線と線

手と手つないだら まばたきのたびに
更新されていく 世界のいろいろ
ぜんぶ置いといて 
愛を誓います


息をとめて おまじない中
この世にひとつとない永遠
ふたり結ぶ赤い糸に宿りますように!
おねがい、かみさま

時々なにもかも
諦めそうになったけど
きみの顔がちらついて
踏ん張ってよかった
って、想える。

いつからか芽生えたときめき
煌めいて たまにチクッとして
オートマティックに心奪われ
どうしようもないくらいに回る

なにげない歌、仕草、空模様
忘れられない恋の予感


運命だと思った
きみに話したら 笑って
少し恥ずかしそうに
返事、が聴こえる。


どうかこの胸いっぱいのシアワセ
音楽になって街を彩って
ハートのビートに耳をすませば
大切なものきっと見つかる

いつか物語が終わって
夢をみるときにも 
傍に いて。

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル ありふれた恋のうた
公開日 2020/06/30
ジャンル ポップス
カテゴリ 恋愛
コメント 可愛い恋愛を書けるかな、と思いながら書いてみました(^^)
松葉さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ