ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

fragile
作詞 松葉
身を沈めたなら どんなに
透き通った水でさえ 濁りゆくように
この掌が
あなたを壊しそうで


茜射す波風
途方に暮れた影
傷付けるものも なにもない
この場所で


さよならの向かい風に繋がれ
巡る季節(とき)の中で 立ち尽くした
手に入れたすべてを 灰に代えて
あなたのいない日々に意味などないと
気づいたから


海を蹴って歩く 迷い子
足跡を探すように
記憶はなぜ心に憩う
鮮やかな春目暗(はるまぐれ)


運命につねられて
いつしかささくれた瞳(め)
ひびわれた時間ごと 僕を
抱き締めた


かけがえのない、いとしい存在
滞る闇を掻き分けながら
呼んでよ名前を あの日みたいに
あなたに会いたい 会って伝えたい
赦されなくてもいい


痛む空白の正体(こたえ)を
今更解って ほんと、ごめん。
償わせてほしい はじめから


風の止むとこまで
走りだして
手離した未来を 道標に
迎えに行くよ 遥か彼方だって
あなたの側が、僕の居る場所
そう 気づいたから


もう一度 笑って

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル fragile
公開日 2020/06/30
ジャンル ポップス
カテゴリ 恋愛
コメント 猫野まりこ先生の「その恋は彼を蝕む」という作品に宛てて書いた作品です。
先生からコメント戴いたことは一生の思い出。
松葉さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ