ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

残照
作詞 松葉
何度となく 通ってきた道なのに 別世界
歩く度 君を思い出し 思い描いた
あの日の「さよなら」は 運命だったの?
いやそうじゃない 紛れも無く 僕の所為さ


自転車のタイヤが潰れてて
吹き出して 押して帰ったっけ
ふたりでいれば
悲劇もハッピーエンドだった


言えなかった言葉紡いで
歌唄ってるなんて もしも
風が運んだら
祈るように目を瞑って
ただ唄うだけさ この先も
夏の匂いが頬を蹴った


あの日の「さよなら」の残響が
止む日がいつか来るんだろうと
それもこわかった


雨の中抱き合って
再会を果たすメロドラマ
みたいな展開を望むのは
業(ごう)


消せなかった痛み抱えて
生きていくつもりだって もしも
夢で出逢えたら
醒めないように手を握って
時の許す限り そっと
世界が白んでいく迄


枯らした涙の跡を辿って
なんの思い出も無い場所でも

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル 残照
公開日 2020/02/03
ジャンル ロック
カテゴリ 別れ
コメント とあるシンガーさんに書いた原詞です。受け止めきれない別れをテーマに書きました。
松葉さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ