ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

と或る歌い手のモノローグ
作詞 松葉
例えば僕の半生をこの場で語り尽くしたとして
それでも手を差し伸べてくれる人はどれ位いるんだろう


「あなたの声が
     歌が
     その姿が
 わたしをいつも救ってくれるんだよ」


そんな言葉で通じ合えた気がして
何度も 歌ってら


ごめんね
時々、ふとした拍子に
なにもかもが
音を立てて 色を失くして
空が遠くなる


ーライラックの雨が降り止んだら
 涙をそっとポケットに入れて
 傷付いた木の葉みたいな、小さな羽を広げ
 踏み出そうよー
名も無き少年の詩(うた)


あれから
夢々、描いて 消して
また描いてさ
叶えたくって 叶えようとして
空に息を吐く


きっと生きることなんて単純で 幸せさえも簡単だ
なのに生きることに精一杯で 幸せは遠く果てしないな


それでも顔を上げて 信じた方角へ踏み出そう
どこを向いても 「前」なんだと


ごめんね
時々、ふとした拍子に
なにもかもが
音を彩って 色を奏でて
僕はまた歌うんだ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル と或る歌い手のモノローグ
公開日 2020/01/27
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント Twitterでよく歌い手さんに出逢うのですが、歌い手さんがたの声や言葉、歌をもとに作ってみた、想い深い作品になりました。
松葉さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ