Top

歌詞投稿

歌詞投稿 / 自作歌詞

 コメントを書く
カルーアミルク
作詞 rizu
秋の夜 カルーアミルク片手に lonely
冷えたglass 流れる涙
ベランダから見える月がにじむ

ねえ 満たしてよ僕を
空っぽの僕を
君の熱で温めて 満たして
君に会いたい

ベランダに腰掛けてさ
笑う君がいたあの日想う
美しくて消えそうで怖かった

ねえ 置いてかないでよ
からっぽのままの
僕の心 愛を注いで

milkとcoffee リキュールが交わる ah
甘くてやわらかい君
ついつい飲みすぎてしまうけど
It's hard to drink a lot
好きになると危険だ

ねえ 満たしてよ僕を
ねえ 笑いかけてさ
からっぽの心に愛を注いで

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
公開日
2020/10/16
ジャンル
その他
カテゴリ
恋愛
コメント


© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.