ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

いびつな月
作詞 たまてばこ
唇を重ねたところで
涙が零れてしまうのなら
手を握ったまま見送るよ

キミが聞かせてと言ったあの唄を
僕はまだ歌えないままでいる


やわらかな言葉は この胸に突き刺さったまま
ならばいっそ貫いて逝って 
儚い夢さえ夜に消されて
いびつな月はただ 僕だけを照らしている



千切れるほど泣いたところで
終わりがこないというのなら
涙の渓谷を越えて会いに行くよ

キミが遠くで呼んだ気がした
僕はまだ息をしたままでいる


やさしい声が今でも この耳に張り付いたまま
せめていっそ伝えないままでいて
抗うことさえ罪な気がして
いびつな月はまだ 僕だけを照らしている

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2008/08/11
ジャンル ポップス
カテゴリ 恋愛
コメント さよならの唄
たまてばこさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ