ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

俗世の海
作詞 哀歌
足下を見て安心したんだ
だからあの時褒められたんだ
“良く出来ました”の桜の判子
健闘では無い上から目線

足下を見て安心したんだ
だからあの時許されたんだ
他人を肯定してあげられる
自分が愛しい過剰な愛情

どこまで本当かわからないけど
どこまで真意か知らないけれど
言葉の文字をその文字通りに
受け取る事はしたくは無いの

何だかバカを見そうじゃ無いか

ありがとうが言えないんじゃない
貴方を信用してないんじゃない
ただそうさせる呪術の様な
過去が私を捻くれさせる
いつか涙で溺死しそうだ
感情に溺れるマーメイド

環境に汚れる、まぁ冥土

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2021/07/27
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント
哀歌さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ