ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票

うたまっぷトップへ

ゴミクズみたいに生きてきた。
作詞 AiSH
冴えない鼠色の街を
練り歩く 眼(まなこ)閉じる
飛べない鳥の居場所を教えて
ここなのかい? 空開ける

風に乗せられ吹いてくる口笛に
鳴く

ゴミクズみたいに生きてきた
「明日」も見えない布団の中
数え切れない悩みの種を
擦り潰して心の漢方にできたら
ゴミクズみたいに生きてこないと
咲かない花はあるのかな
それは黒色?茶色?灰色?
それはそれは美しい色なんだよな

しがないことさ ちっぽけな愛に
救われた夜もあった
儚い日々を丸めてドブに
捨て去った 日が昇ってきた

ギター片手に歌ってるあの人に
鳴く

誰かの為に生きれたら
…なんて簡単なことじゃないよな
このヘナチョコなうたが誰かの
心に届けばそれで幸せさ
ゴミ箱の中で生きてきた
青い空だけを眺めていた
いつかこの獄を出たら狭過ぎず
広過ぎずな大海を見せておくれよ

ゴミクズみたいに生きてきた
だけど僕は僕として僕を
生きていくしかないんだしな

ゴミクズみたいに生きてきた
「明日」も見えない布団の中
数え切れない悩みの種を
擦り潰して心の漢方にできたら
ゴミクズみたいに生きてこないと
咲かない花はあるのかな
それは黒色?茶色?灰色?
それはそれは美しい色なんだよな

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2021/03/22
ジャンル ポップス
カテゴリ 応援歌
コメント 久しぶりの投稿です。ゴミクズみたいな過去でも肯定することが大事だなと思って書きました。
AiSHさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ