ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

Exquisiteness Words
作詞 TKC Sylphid
この粉雪の様に揺れている
切なく胸を苦しめる恋心
積もり始めたらきりがなく
昨日より余計に胸を苦しめる


彩られ始めた街の喫茶で
いつもの様にコーヒーを飲んでた
窓越しに散って行く人の群を眺めるときが
唯一の自由な時間だった
だけど今日は少し違っていた
窓越しに目に飛び込む何年か前の笑顔
なぜここにいるの? なぜここにいるの?
蘇る胸の高鳴りと恋心

もう思い出す事はないと
深く封印していた恋心
再び覚えてしまった高鳴り
封印が解かれてしまった思いを
It isn't stopped the heart that has turned love into your smile.
もう止める事はできない


「…あなたが好きなの。付き合って欲しい。」と
初めて告白されたのも昨日の様
「なかなか返事をもらえないけど、待っているから。」と言い残し
親の都合で逢えなくなった
だけど大人になって戻ってきてくれた
窓越しに映る大好きだった笑顔
そこで待ってて そこで待ってて
その笑顔が曇らない返事を返すから

今こうして出逢えた偶然に
神よりも強く奇跡を信じ
再び燃え上がる恋心
また積もり始めた思いを
It isn't stopped the heart that has turned love into your smile.
今伝えたいと思う


この粉雪の様に揺れている
切なく胸を苦しめる恋心
今この場で思いを伝えて
終わりにしたい胸の苦しみ
イルミネーションの夜に返事を伝える
「…君をずっと好きだった。」と
It isn't stopped the heart that has turned love into your smile.
もう離れたくないから

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2015/01/01
ジャンル ロック
カテゴリ
コメント とある恋人たちの冬の恋物語をストーリー重視で書き上げた作品です。
TKC Sylphidさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ