ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ


作詞 ユラ
体温も吐息も覚えてる
紙のために感情を
置いてきたから
うまく笑うことができなかった

誰でもいいと求める
うつむく人々の腹を満たして
託された紙を折りたたむ
うまく笑うことができなかった

ああ
あられもないわたしのすがたを
どこかで見つけたら
ひきずりだして

今日も同じことをした
紙を使って愛を買う人々
あなたがどなってくれなくちゃ
私は紙を捨てられない

あなたが身勝手だとなげいた
紙のために生きているなら
本当の愛はどこにある?

ああ
あられもないわたしのすがたを
どこかで見つけたら
ひきずりだして

つなぎとめる紙 保証のない紙
あふれた紙からのぞきこむ愛を
わたしはあなたにあげたい

ああ

あられもないわたしのすがたを
あなたは見捨てるなら
私は紙を愛していく しかない

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2011/12/01
ジャンル その他
カテゴリ 恋愛
コメント 女の子は紙のために生きていました。紙は神ともお金ともお好きに例えてください^^
ユラさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ