ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

ぼくのファイナルカウントダウン
作詞 SYOTA
時代の闇に 片手を賭けて
一年目 過ぎ行く時間上
少女が遠く 手招きしてる
それだけの 無意味なカウントダウン

二年の月日が 流れようとも
何も起こらない 唯一の記憶
無意味なカウントダウン 会えない Crowd

ここはどこかと 聞けない傷みを
身体中で 受け止め
何も出来ない 自分を棄てる
選択の余地は もうないから


時計の音は 無慈悲の集い
寒い時代の すべてを描く
傷跡なめる ことさえ知らぬ
無知は運命 無価値なオンリーワン

吐息は白く いつまでも白く
誰も気づかない ぼくだけが気づいてる
無価値なカウントダウン 飛べない Crowd

君はだれだと 問える人もいない
ぼくの部屋は 寒いよ
夢は尽きても 死ぬこと出来ない
選択の余地は もうないけど


小さな頃から big doggie
大きくなったけど baby doggie
ぼくの世界には 色なんてない だって No Crowd

ぼくはだれだと 問える人もいない
僕が奏でる ファイナル カウントダウン
時は永遠 ぼくだけ短い
命の余地を 弄ぶよ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2012/04/01
ジャンル ロック
カテゴリ 別れ
コメント ”ぼくの”ファイナルカウントダウン
SYOTAさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ