ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票

うたまっぷトップへ

雨の朝(仮)
作詞 さき。改め、ミチル。
雨降りの朝 ベッドの中
君のぬくもり確かめる
そっと触れた頬 少し撫でて
一度だけそこに キスを落とした

それだけで広がる世界
今まで知らなかったもの たくさん見つけた
しとしと降る雨の音が 
とても綺麗なメロディーになる
何もないこの部屋が 
君がいるだけで 柔らかな空気に包まれる

あぁそうか 今やっと気づいたよ
これを愛と 愛していると言うんだね

君が起きたら 一番に
髪を撫でて 甘いキスをして ぎゅっと抱きしめて 軽く耳を噛んで
「愛しています」と そう君に伝えよう
 
雨のメロディーが止む前に

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2004/09/01
ジャンル
カテゴリ
コメント すっごい久しぶりの歌詞ですね・・・。詞の書き方を忘れてしまったとしか思えないようなモノですが、良かったら読んでやって下さい♪♪
さき。改め、ミチル。さんの情報
  • プロフィールは公開されていません











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ