ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票

うたまっぷトップへ

夢見月
作詞 舞月
ひとつ時がまた進みゆく 待つことさえ知らずに
いつの間にか過ぎ去りし冬 今は夢見月
ふわり、ふわりと まだ見ぬ花が
心に舞い降りた瞬間
恋という名の花が咲いた

永遠ばかり信じていた
終わりのない道を願っていた

あなたと過ごしたこの日々を 私は忘れません
涙、笑顔 包んでくれた まるで春のように
あなたの声も何もかも 胸に残っています
春の時雨を眺めながら あなたを想っています
―あなたは夢見月・・・

朧月夜 今 夢を見る
このまま時よ止まれ
それはあなたという幻でした

いつまでもこの幸せな
日々が続くことを願っていた

あなたにもらった優しさを 私はずっと抱えて
温かい言葉に包まれた 幸せを抱きしめる
あなたの香りもぬくもりも こんなに覚えています
春の霞に重ねながら あなたを想っています
―あなたは夢見月・・・

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2004/05/01
ジャンル
カテゴリ
コメント
舞月さんの情報
  • プロフィールは公開されていません











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ