Top

歌詞投稿

歌詞投稿 / 自作歌詞

 コメントを書く
Sense of mission
作詞 漆黒ノ百合
1
雲間が弾き出した光の粒に
僕たちの記憶を重ねた
天から産み落ちた儚い夢に
何を期待してんだ

いつまでいつかの空に憧れて
届くとか届かないとかそもそも
堕とされてしまった事実が僕らに見せる

縛る敵に抗うのも
疲れてしまうだけなんだけど
倒したその亡骸は
僕らの未来の姿なのかもな

2
嘘か真か知りたくもない
リアルなあなたの残像を
都合良く書き換えられたら
この涙は止まるかな

いつまでもあの青に憧れて
届かないとしても踠いてる
堕とされたのだとしても僕らが魅せる

縛るものに止まっていて
疲れたってもう腐りはしないんだ
倒れ全部取られようと
僕らの未来を消させはしない

ここでもしも諦めたら
楽に自由に無くなれるかな
だけどね ひとつ失くしちゃえば
何も守れなくなってしまうよ

僕らの枷 古びた殻
そんな物は脱ぎ捨ててしまえ
いつか見えてる青い空
架かる虹にこの手で触れられるように

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
公開日
2018/11/09
ジャンル
ポップス
カテゴリ
その他
コメント
今回はちょっとファンタジー色を出してみました。イメージは選ばれし存在なのに勇者になりきれない、それが何かわからない、それと思春期を重ねてる主人公たちって感じです。


© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.