Top

歌詞投稿

歌詞投稿 / 自作歌詞

 コメントを書く
ランデブー
作詞 ゆー
例えば
君が停まらない列車に飛び乗ったとして
迷わずに一緒に飛び乗れる
そのくらい僕は君のことが好きなんだよ
呆れてるんだろう

いいだろう
今日くらいくだらないお喋りに付き合ってよ
構わない明日のことなんて
今君の側にいるのは僕だろう忘れて
夜明けのことなんて

確かに僕には気難しい所もあって
君が身構えたの気付いても
止められないところがある
ごめんって簡単には言えないんだから
側で怒りながら
待っててほしいんだ

すごく身勝手なこと君に押し付けて
都合の悪いこと隠そうとしても
いつもどうり見付かって
最後には全部許してほしいんだ
側にいるんなら
色々あるだろう



バカだな
そんなに悩むことなんて無いのに
お酒でも一緒に飲もうか
普段能天気なくせに時々思い詰めて
話くらい聞けるよ

大切な
二人だけの約束を作ろうか
向かい合わせ列車は揺れる
車窓を楽しもうよ旅を続けよう
ずっと側にいて

めんどくさがりなくせに何でも引き受けて
真面目なくせに忘れっぽくて
いつも何か探してる
ごめんって言わないと許してくれない
君が好きなんだ

甘えたりわがままもいっぱい言っていいよ
理不尽も言い訳もたまにはいいよ
いつもありがとう
それとごめんね何回も繰り返すんだ
二人で行くんだ



列車は停まらない目的地も知らない
町の明かり流れいずれ夜は明けて
風が吹いたり
雨が降ったりやがて虹が架かって
消えてしまっても

ずっと一緒にいようかそうして下さい
どんなときも誰よりも大切にするから
病めるときも
健やかなるときも死が二人を別つまで
君が好きなんだ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
公開日
2018/02/14
ジャンル
その他
カテゴリ
その他
コメント
旅行に行きたいです。


© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.