Top

歌詞投稿

歌詞投稿 / 自作歌詞

 コメントを書く
evaporation
作詞 セン😺
この身を溶かすほどの
熱を帯びて宙(ソラ)に舞う
アトカタも無くなれるなら
それはとても幸運だけど

たったひとつだけ
心残りがあるなら
君の瞳(メ)に2度と
映れないことだろう

全て忘れてくれたらいいさ
僕はもう昇っていくよ
君の頬かすめサヨナラするよ
熱を少しだけおいて


この身を溶かすほど
熱はもう此処にはない
どれくらい離れたのかな
君が笑うあの場所から

たったひとつだけ
願ってもいいのなら
泣いては枯らした
君を潤したいよ

迫りくる大きな宇宙(ソラ)を抱き
僕はまた冷たくなるよ
重さを手にいれ急降下する
君にすぐ逢えるからね

もうすぐだよ ほら

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
公開日
2017/12/06
ジャンル
ロック
カテゴリ
別れ
コメント
水から湯気になって空に昇って
また雨になってふってきて循環する
なんだかロマンチックな自然の摂理


© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.