ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書くコメント 1 件

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

淡雪のままで
作詞 サンガ
雪が解けて 季節が移り
心だけ すきま風が吹く
いつも思い出すのは 君の声 君の匂い

記憶蓄えて 夢で会い慰める
冬眠してる熊のように 僕は生きている

 もう君はここにいなくって もう戻ることもできなくて
 それでも前を向くには あまりに風が強すぎた
 出会いの春なんて 誰かが言うけれど
 まだ胸の中に君がいる
 淡雪の君がいる


桜咲いて 空を彩る
僕だけは セピア色の冬
何故か思い出せない あの笑顔 あの温もり

でこぼこになって 埋まらない傷痕を
隠して浮かぶ月のように 僕は過ごしてる

 もう雪は積もらなくなって もう名残惜しむ間なく解け
 それでも全部かき集め 冷たい箱に閉じ込めた
 別れの春なんて 誰かが言うけれど
 まだ胸の中に君がいる
 淡雪の君がいる


二人して入った こたつで眠る
嬉しいはずの君の残り香が 僕を苦しめる


 もう君はここにいなくって もう戻ることもできなくて
 それでも前を向くには あまりに風が強すぎた
 出会いの春なんて 誰かが言うけれど
 まだ胸の中に君がいる
 淡雪の君がいる

 別れの春なんて 誰かが言うけれど
 まだ胸の中に君がいる
 淡雪の君がいる


いつまでも君が…

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル 淡雪のままで
公開日 2017/03/13
ジャンル 歌謡
カテゴリ 失恋
コメント 終わったけどテーマ詞の淡雪で書いてみた。
サンガさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ