ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

アイロニー
作詞 EkTO
ふと思ったんだ
呆れ果てて失うものなんてなにもない奴が
振りかざす大味な正義と
居心地のいい環境の中を生き抜くために
顔色を伺った正義
刺さるのは一体どっち

君はその正義に乗っかることだって出来るし
「何を言ってるんだ」と突き放すことも出来る
どっちが本当のことを言っているかなんて考えないで
自分の置かれた状況に沿って取捨選択
正解なんてどっちでもいいしどうでもいい
大切なことを波風を立てないことさ

ギリギリで保ってきたことも
少しのかけ違いですぐさま闇へ

ふと思ったんだ
普段無口な奴が口にする言葉はおしゃべりな奴より
真っ直ぐなんじゃないかって
頭の中の膨大な辞書から選んで洗練したそいつに
耳を傾けてみたいんだ

ギリギリで保ってきたことも
少しのかけ違いですぐさま闇へ

とかなんとか言ってる僕だって
波風を立てないように必死になってる
必死になるべきことなんて腐るほどあるのに
これだけを必死に頑張ってる

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル アイロニー
公開日 2018/11/29
ジャンル 詩(ポエム)
カテゴリ その他
コメント 最近よく思うことです。「空気を読む」といえば聞こえはいいですが、結局は「顔色を伺う」ということに繋がってるのではないでしょうか。
EkTOさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ