ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

別れと深紅
作詞 EkTO
少し怖いくらいの空だった
窓から見える深紅の色
いつもみたいに紫煙を薫せた貴方と
4人がけにゆったりと座った

いつもなら見惚れるはずの空も貴方も
今日だけはなぜかそうもいかなそうだ
煙草を咥えるその口元が震えていたから

少しの沈黙
口を開く前に全てを悟った

冷たく切ない想いは間引かせて
せめてこの手で選ばせて
首を絞められるなら私の手で
迎えになんて来なくていい
私の方から踏み出すから

貴方と過ごした最後の時間
吸い込んだ息は肺に染み付いて
記憶に張り付いて毒した

想いは言わなきゃ伝わらない
でも言わなくても伝わる想いが私を少し殺した

冷たく切ない想いは間引かせて
せめてこの手で選ばせて
首を絞められるなら私の手で
迎えになんて来なくていい
私の方から踏み出すから

目の前のグラスに手をかけ
決意したように口にしたコーヒーは
どんな味がしましたか

今度は私の番だね
貴方が好きなの
喉に張り付いて行方を失った

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル 別れと深紅
公開日 2018/07/26
ジャンル ポップス
カテゴリ 失恋
コメント 失恋の歌。まだはっきりと言葉を聞いたわけではないけれど、挙動で全てを悟る。
EkTOさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ