ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

心のキャンバス
作詞 EkTO
嗚呼、これから見える景色は私を

よく喋る私と寡黙な君
なかなか聞けない君の声
だからそれが聞けた日は
舞い上がってしまう
なのに君の前では上手く話せなくて

春先の暖かい風が
まとったようなその旋律は
私を包み込む

このまま君と二人で
どこかに消えてしまいたい
なんて君は知っているのかな
もう恥ずかしいくらいに君が好きなの

嗚呼、これから見える景色は私を
どう彩るのかな どう映すのかな

君への想いを隠したまま
毎日心のキャンバスを広げ
未来を描いてみる
こんな空想走らせるだけで
私は幸せなの

君の横顔を見てたら
久しぶりに君の声
締め付けられて苦しい心が
想いを募らせる

嗚呼、これから見える景色は私を
どう彩るのかな どう映すのかな
嗚呼、幸せな私の物語
いつか本当になるまで

いつか本当になるまで

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル 心のキャンバス
公開日 2018/05/07
ジャンル ポップス
カテゴリ 片思い
コメント ちょっとアイドルソングっぽくなりました。幸せな恋を空想する女の子の歌です。
EkTOさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ