ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

ラスト・チャンス
作詞 浪花 王羅
医者が時刻を伝えても
どっこいそこでは終わらない
囲炉裏のおき火が消えるよに
命の灯 残ってる

耳元で叫ぶんだ
今までの思い全部
嘘も怒りも吐き出して
最後に言うんだ 必ず言うんだ
産んでくれて ありがとね

何も返事はないけれど
心にしっかり届いてる
炎が身体を焼き切るまでは
心にしっかり届いてる

最後の最後の命の炎
あの世で会えると言うけれど
あの世があるとは限らんぜ
思い残さず伝えろよ
それをしないと
自らが
おさまりきれずに 悶えるぜ

俺のように
俺のように

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル ラスト・チャンス
公開日 2018/04/03
ジャンル 詩(ポエム)
カテゴリ 別れ
コメント たとえ、死に目に間に合わなくとも
命の炎は残ってる。
話せなくても聞こえてる。
最後の最後の別れ・・・・。
浪花 王羅さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ