ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

瞬きの夜の隅っこで
作詞 莎雪
溶けたアイスと花火の残り香と
騒めきの隅っこで 届く言葉を探す
ざわざわした身体の左側
君の存在を感じてた

頼りない街灯 熱を帯びた手を引いて
踵を鳴らす そんな歩き癖に 耳を澄ませる

なんでもない一瞬に 幸せの意味を知るんだ
息がそっと詰まるような 温かさを
どうやって君に伝えたらいいんだろう


欠けた風鈴 しぼんだ水風船
捨てるタイミングを失った夏の夢
どきどきしたあの頃の気持ちを
君が抱えてやって来たんだ

生ぬるい空気に 虫の声 深呼吸
同時に吐いた息が溶ける闇に 触れ合う心

見逃しそうな一瞬に 僕の輪郭を見つけて
空にぱっと消えていく 幻でも
焼き付いて君に何か残せたらいいな



砂が混じった サンダル脱いで
素足で夜のアスファルトを踏んだ
ほんのり熱を帯びた道を
小さく笑いながら君と歩く

なんでもない一瞬に 幸せの意味を知るんだ
息がそっと詰まるような 愛しさを
いつだって君と分け合っていきたいな

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル 瞬きの夜の隅っこで
公開日 2019/08/14
ジャンル その他
カテゴリ
コメント 夏ですね。裸足で歩くのが大好きです。
莎雪さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ