ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

金魚鉢
作詞 ふじ井
鳴りもしない携帯を 握りしめている
誰かの呟きを待っている。
もういいよじゃなくて もう大丈夫とか言ってくれ
必要じゃない僕に尾ひれはいらない

金魚のように金魚のように漂って
キスしていいですか。
戯れていつかみたいに戯れて
また 祭囃子に死んでいく僕だ

鳴りもしない携帯を握りしめている
もう何も書けやしないんだって。
もういいよでいいから 見切りをつけてくれ
必要じゃない僕だけどこにもいらない

金魚のように金魚のようにさまよって
死んでいいですか
戯れて少女になれない僕は戯れて
またあなたに沈む僕だ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/12/03
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント 短めの歌。金魚は素手で触れられると火傷をするらしいけどそれでもふれられたいことがあるのかなと思いながら
ふじ井さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ