ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

サイノハナ
作詞 漆黒ノ百合
水をあげた 陽も当てた
開花(ひら)いた花びらの数を
数えるだけ数えて陽が落ちる

君のそれを僕におくれよ

美しくて 眩しくて 羨ましい
あなたに書いていた手紙
今じゃ どうして
どれもこれも僕宛なんだよ

押し詰めて挟めた才能花(サイノハナ)
ぺしゃんこに滑稽な水面に映る姿が…
僕が僕でしかなくて…

あいつはもっと上手くやってる
転んで泣いて拾ってもらって
自分で立ち上がる僕の周りには
何もかもが足りない

君のそれを僕におくれよ
ねぇ君より上手く使えるから

踏みつけられた悲しみより
見向きもされない苦しさが
花瓶のヒビを 上塗りした色彩を認めた

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2019/06/03
ジャンル ポップス
カテゴリ その他
コメント 【テーマ詞:才能】子供の頃はすごい人の近くにいた、それが強さと思った。大人になって弱い事が楽で強いと思った。自分の目指す強さがなんなのか見失いそうになる。才能が欲しかったな。
漆黒ノ百合さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ