ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

秋雨少女
作詞 ryuu
狂気な彼女が見せた
あの白い眼差しを
虎のような牙を向け
犬のように走る

置いていった彼女の
後ろに残った小さな
小さな秋は川のそばで
砂利のように混ざる

ああ 意味をまた感じてしまった
100年後の秋の 重く古い夏を
細かく砕いて 細かく粒にして
次を待つ 次を待つ
次を待つ さよならはまだ



何が進んでる 今じゃない
変わらないのは 君が残した秋空
犬のような君だ 美しさが言う

ああ 意味をまた感じてしまった
100年前の君の 暑く碧い夏を
冷たく見つめる 暖かく君を見て
過去を待つ 行き場もなく待つ 帰路で




膝を抱いて泣いた
あのカラスの声が聞こえるまで
赤とんぼが地上を這いつくばって
生きようとしてるのを見た 見た
君もそうだ 君もそうだ
あの秋の君もそうだ
大空が悲しんでいた
過去の君もそうだった

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/09/11
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント
ryuuさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ