ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

光がきみを照らすから
作詞 新田拙
暗いところできみは眠る
繭の中でつぶやくように叫ぶ

時代を呑み込む波が僕を襲っても
時代越えた光がきみを照らすから

黒い雲を吸い込んで
優しい光を吐き出す
悪い夢を吸い込んで
新しい希望を見せる

溶けた鉄がきみを抱く
冷えた手がきみを掴む

世界を壊していく風が僕を襲っても
世界が立ち上がる瞬間にきみは光るから

重い足を引いて
明るいほうへ向かう
開ききらない目を凝らして
熱を抱えるほうへ向かう

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/04/17
ジャンル その他
カテゴリ 応援歌
コメント ポジティブだけど無責任っぽいかもしれない。
新田拙さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ