ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

センチメンタル
作詞 EkTO
夜が来るのが早くなった
明かりをつけるのが早くなった
孤独になるのが早くなった
そんな時間が長くなった

格好つけた僕を見せたかったのに
泣いてる君を前に怖気付いた
何か言いたげな君の残像が
泣いてる僕の頭にこびりついた

塞ぎ込んだ僕を感傷が
朝も夜も襲うんだ
血の流れない自傷行為
責めて否んでもう一度迎えよう
孤独を

ひび割れたアスファルトから伸びる小さな雑草
僕なんかより強く見えて踏みつけてしまった

孤独と強がりは表裏一体で
抜けだすのが難しくなった
ここが僕の居場所、居心地ばかりよくなってしまった

塞ぎ込んだ僕を感傷が
朝も夜も襲うんだ
血の流れない自傷行為
責めて否んでもう一度迎えよう

紛れ込んで、深い深い底まで
届かない光、深い深いそこまで

血の流れない自傷行為
責めて否んでもう一度迎えよう
孤独を

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/10/22
ジャンル ポップス
カテゴリ 別れ
コメント 大切な人、ものと別れた後に訪れる自分を責める時間。血の流れない自傷行為を繰り返して人は成長するのではないでしょうか。
EkTOさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ