ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

四季(prologue)
作詞 keny
一番
冬と春の間には,野に咲く草花,こんにちは
白い妖精消えてゆく,花開くプロローグ
 春を待ちきれずに,芽を出す花のように
 パジャマを着替えて,でかけてみよう
 いいこときっとあるよ

二番
春と夏の間には,毎日泣き虫,低い雲
町のあちこち,雨宿り,出会いへのプロローグ
 少し肌寒いけど,潤んだ風の中へ
 パジャマを着替えて,でかけてみよう
 いいこときっとあるよ

三番
夏と秋の間には,セミと虫たちの,ハーモニー
空に広がる,うろこ雲,恋しさのプロローグ
 いつもの朝よりも,少し早く起きたら
 パジャマを着替えて,でかけてみよう
 いいこときっとあるよ

四番
秋と冬の間には,色とりどりだね,森の木々
山の頂き,雪化粧,舞い降りるプロローグ
 まだまだベッドの中,もぐっていたいけれど
 パジャマを着替えて,でかけてみよう
 いいこときっとあるよ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/10/30
ジャンル その他
カテゴリ
コメント

MuseScoreのデータファイルや,楽譜のpdfファイルもあるけど,添付不可だよね ><
kenyさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ