ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

エンドロール
作詞 シーナシュー
浮き足立った なんかふわふわ 猜疑心
取りとめのない朝の風景
右足から一歩 顔を出して
歯車に溶けこんでゆく

コーヒーを冷たいのから
暖かいのに変えた日
マフラーをぐるぐるに巻いて
寒がってみた

着ぶくれして乗せ切れない
電車の少し軋んだ音 オーケストラ
ダイヤ通りに進まない
踏切閉じたまんまで針だけ動く

落ち葉積もったとこ
雨が降って 滑って
しりもちついてやっと生きてること
気が付いた

だって 探しても
わからないことばかりでしょぼくれてる
そんな繰り返しで
待って 勝手に終わらせないで
諦めた態度は一度も見せたことないでしょ



孤独に襲われても
自分に向けられてない愛で霞んでも
いつも 探しても
わからないことばかりでしょぼくてれる
また繰り返しても
待って 勝手に終わらせないで
諦めたときくらい 自分の手 使わせて
まだやめるつもりはないから

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/11/29
ジャンル ロック
カテゴリ その他
コメント 【テーマ詞:湯気】
シーナシューさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ