ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票

うたまっぷトップへ

夏の宝石
作詞 RAi.
宝箱に閉じ込めて置いていた、君への想い
久々に取り出したそれは本物で
確かに恋だったのだと、笑えてきた

私にとても似ていて、でも全く違う
太陽のような笑顔が眩しくて、いつも目を細めて見てた
君は私の大好きな親友にそっくりで
それに、今気づいたよ

爛れた恋愛だと棄て置いたものは、綺麗な宝物になってた
あの頃たくさん綴った君への言葉は、なんだか微笑ましくて
君のことがとても好きだったって、思い出した

私の王子様を蹴落としてくれて、ありがとう
ずっとあの人に囚われてたと思ってたけど、君のこと忘れてた
とっくの昔に、王座は空になってたんだ
おかげで先に進むことが出来るよ

この空の先、どこかにいるんだね
私の大好きだった笑顔で笑ってて
大好きな歌を歌って、自由に生きて
自分勝手な俺様人間でいいから、君らしくいてね

色んなことが幸せで、笑顔が溢れてくる
うん、今日はとてもいい気分
のびのびとして、心の空には雲ひとつない

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/08/31
ジャンル その他
カテゴリ 恋愛
コメント 恋の数に入れてなかったのに、振り返ってみれば超好きだったらしい
RAi.さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ