ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

be filled
作詞 柚氷飴
冷たい世界に浸したつま先
指の間をくすぐる 想いのかけら
ああ 重たいな なんて呟いた
誰のものかも分からない声を蹴飛ばした

弧を描いて散ってゆく きらめきを仰ぐ君が囁く
まるで闇夜を彩る星屑のようだと

手を伸ばして 空(くう)を掻いて
行き場の無い願いを掲げた
もどかしさも愛しさも全部
世界に満ちて 君に届くように



過ぎ去る時間に剥ぎ取られていく
忘れたくなかったあの日の空の色
ああ 虚しいな なんて呟いた
四角に切り取ったそれじゃ何も残らない

廻るように溶けてゆく 思い出を語る君の言葉が
世界を染めた茜の色を魅せてくれる

息を吸って 明日を願って
生きることが かなしく思えた
いつか消えゆく音を抱いて
君と 果てない夢を 夢みてる


君に会って 孤独を知って
君に触れて 愛を知った

僕を知って 君を知って
ほんの少し不器用になった
言葉ひとつを紡ぐことが
とても大切なことに思えたんだ


息を吸って 明日を願った
出来るならばいつまでも君と
世界に溶かす想いがいつか
あの日の僕と君に届くように

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/11/06
ジャンル ポップス
カテゴリ その他
コメント 君と並んで見る世界は
儚くて不確かで悲しくて、愛しい。
柚氷飴さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ