ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

いつか枯れゆく愛を捧ぐ
作詞 柚氷飴
眩しさの中 小さく呻いた
最期を拒むのは 肺か 脳か 心か
ああ 曖昧な 虚ろな 空模様
疼く指先で灰色を掻き回した
渇いた頬に 甘い ぬくい 雫を垂らしてくれ

ひとつ息が止まる度 ひとつ花を枯らすんだ
この日に似合う花はどれだろう
むしり取った香りに酔う

もしも ぼくら 違う進化を遂げていたら
君の あい は 途絶えず在ったのかな
手を振って じゃあね 何も見えないけれど
痛む 胸を どうか ひと思いに



まどろみの奥 全てを委ねて
目覚めを拒んでた 今も 明日も 未来も
ああ 不確かな 繊細な 夢現
逸る太陽は君をすくい忘れた
零していった 苦い 憂い 伝い落ちてく場所

ひとつ瞬きする度 ひとつ星が弾けてく
宇宙がひとつ瞬きする間に
いま≠ヘ無かったことになる

もしも ぼくら 違う 進化を遂げていたら
君の 四肢を 捥いで嘆くのかな
嵩張って邪魔な身体はいらないからさ
ここに重く宿る 心が欲しい



さよならの瞬間に
潰れそうな肺の違和感を
ぼくらは熟れた言葉と花で
愛≠ニ 飾って泣いたんだ


ひとつ息が止まる度 ひとつ花を枯らすんだ
この日に似合う花はどれだろう
むしり取った香りに酔う

もしも ぼくら 違う進化を遂げていたら
僕の あい は 君を繋ぎ止められたかな
手を振って じゃあね もう何も見えないや
痛む 胸を 最期の君に捧ぐ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/08/06
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント 死ぬことのないぼくらだったら、きみをあいすることはできたでしょうか。
柚氷飴さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ