ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

Typewriter
作詞 water
ある朝 窓の外に落ち葉が舞っていた
あんな風に自由になれたらなぁ
気がつけば空想ばかり膨らんでる

僕たちは今日も忙しなく働くだろう
そんな時も忘れないでほしい
心はいつでも自分次第

そのスマホを置いて空を見上げてみよう
きっと分かるはず
そんなに急がなくていいんだよ
時間は思ったより緩やかに進んでる
タイプライターに文字をうつように
一歩ずつ歩いていこう


ある夜 窓の外に光が見えなかった
どんな日も点いてたはずの街灯
この世界は多分 完璧じゃないと思う

僕たちは時々 泣いてしまいたい夜がある
そんな時は思い出してほしい
心はいつでも自分次第

そのスマホを置いて空を見上げてみよう
きっと分かるはず
そんなに急がなくていいんだよ
時間は思ったより緩やかに進んでる
タイプライターに文字をうつように
一歩ずつ歩いていこう


雨にうたれても
生きていく運命なんだろう
今日ぐらい
思ったまま生きてみよう


そのスマホを置いて空を見上げてみよう
きっと分かるはず
そんなに急がなくていいんだよ
時間は思ったより緩やかに進んでる
タイプライターに文字をうつように
一歩ずつ歩いていこう

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/01/15
ジャンル ポップス
カテゴリ 応援歌
コメント 日常生活で疲れた方への温かい応援メッセージのような歌詞です。
waterさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ