ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

朧月夜
作詞 するが
灯りのない 夜のような道を ゆく
地を踏む 感覚も 跫もなく
背後を 追ってくる 重圧孕んだ亡霊

焦燥と恐怖で 身は竦み 脚が絡まる
まるで脆い人形になったかのようだ
直立 二足歩行の術を 喪失し 崩れ落ちる

助けて の 言葉も 音にならず 風に消えた

あてもなく 這いずり廻り廻る
いずれ 何処かに 辿り着けると
微かな光の気配に縋って
総てを賭けるの

暗闇に浮かぶ 朧げな光
確かに在るのに 近づけない
いつだって 私が求める輝きは
僅かなのに それすら掴めない

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/10/18
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント
するがさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ