ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

道標
作詞 PYK
消えてゆく街の灯をひとつふたつと数えながら
ドアの前で立ち止まる足音に胸ときめかせる
外は寒いねと部屋の扉を開けると
あなたの眼鏡が雲って前が見えなくなるから
いつもふざけて手探りで私を探す
そんな毎日の繰り返しが
明日もまた来るだろうと信じていたいつも

人の心はどうして変温動物になるの
ゆらゆらと舞い上がり消えてゆく湯気みたい
冷えたカップは2度と温まらないのよ
嘘でもいいから両手で暖めてほしいから
わざと寒そうに膝を抱える
どうして吐息が青白いの
やさしい嘘なら最後まで信じさせてほしい

香る、言葉で、静かな朝風の眼差しで
心とうらはらな太陽が真上から見下ろしている
目の前のあなたがぼんやり見えるのは
あなたが淹れてくれたコーヒーの湯気のせい
信じようとしない私の心
それとも私の涙のせいなの
やさしい嘘なら最後まで信じさせてほしい

別れる為の約束をした訳でもない
壊れる事の準備もいらない
二人を繋ぐ心の温度計は恒温動物ならいい
湯気の向こうの道標は
太陽の下に照らされていればいいから。

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/11/14
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント 【テーマ詞:湯気】人の心はなかなか掴めているようでそうでもない、信じるのと信じさせる、どちらも息苦しいものですか。
PYKさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ