ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

悲劇の妖精みたいな彼の遺書的なもの
作詞 BLACK BOX
大丈夫興味ない人には視えない君は悲劇の妖精

ネガティブな想像 マイナスな思考回路
良いイメージをして
その通りになったことがないから
裏切られ慣れ
現在の僕が完成(でき)上がった

綺麗事はほざくな 理想論を振りかざすな
僕は痛いほど現実にしか
悲しみにしか応答しない
あれほど愛し合ったバカみたいに求め合った二人が
いつの間にか冷めていくように
僕ももう希望とは縁を切った
疾うの昔に

自らの鼓動の音すら耳障りな
静寂無
孤独との同居
いいんだよ君さえいれば
矛盾している?
いいや違うな
君の存在は僕にとって希望じゃないから
絶望の肯定なんだよ

明けない夜を抱いて止まない雨の中で

今宵君と語り明かそう
この無に等しい命が燃え尽きるまで
ずっとそうずっと
僕の話を聴いて
そして笑いながら言ってよ
「またね」ってさ

そしたら逝ける
君の笑顔が最後なら
傷なら癒える
天国に行けるのなら
心から言える
生きたい
当たり前のことがしたいよ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/03/31
ジャンル ロック
カテゴリ その他
コメント
まるで幽霊 その憂い 晦冥的独り遊泳

彼は存在しました−
BLACK BOXさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ