ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ


作詞 望月としあき
頭の片隅に追いやった 嫌な記憶 ときどき夢に出てくる人たち 場面
もう思い出したくもないのに 夢はコントロールできない 仕方ない

自分が悩んでいることすら わからなかった子ども時代 
なぜだかわからないが辛かったんだ
それをわかってくれない大人に また辛さを感じてたんだ
解決なんて必要なかった ただ「愛」という全肯定が欲しかった
きっとそうだ きっとそうだ 
辛いときに欲するものは 「愛」と呼ぶものなんだ

人の優しさを 跳ね返してしまうのも 自分を守るためなのかもしれないな
まだ受け皿が準備できていないから 待つことも大事なんだな
「わかってくれない」という歯がゆい思い
「どうせ」をつけるから 優しさも 敵意に感じるのかな

自分を愛する 自分は愛されている 誰かを愛する 誰かに愛されている
自分が愛で 満たされているのなら そんなことは考えないだろう
のどが渇いていないのに 水が欲しいとは思わないだろう

1つの漢字 2つの平仮名 50音で最初に来るのは
意味を持ってのことですか いちばん大事なことだから 
最初の2文字を取ったのですか

もしも誰からも愛されてないと 感じても それは幻想でしかなくて
頭の中にいる出会った人たちで 創り上げた世界でしかないんだ
そんな風に思ったとき 自分で自分を愛してみて
言葉にすると照れくさいかな つまりは自分を褒めるんだ
頑張り屋さんのあなただから 人を褒めて 自分を責めるのでしょう

頑張りすぎるのは 自分を傷つけているのと同等で
自分を責め続けるのは 自分の存在を否定しているのと同等で
人ひとりの力は 本当は弱くて 
だからこそ協力することで いろんなことができるもので 
20階建てのマンションが いつの間にか完成しているのは
人が協力しているからであって 人ひとりで作れるものは
本当に限られていて 時間がかかってしまうもので

何かを言う前に あれこれ考えてしまうのは 傷つくのが怖いからだろ
言葉に正解なんてなくて いくらでも修正できて

愛はやはり まずは受け取るもので 
あふれ出してきたら 他人に与えられるもので
赤ちゃんは そこにいることで 愛を与えているのであって

「愛」という抽象的なもの 難しいよね 何だろね
小さなことから 大きなことまであるけれど
きっと 誰かのためにすることは 
すべて「愛がある」って呼んでいいんじゃないかな

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2018/04/06
ジャンル その他
カテゴリ 家族
コメント 「愛」とは何かと考えたときに作った詩です。
望月としあきさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ