ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

通り雨
作詞 H.Y
気まぐれ雨の降る街 人波に逆らって歩く
大袈裟に語った 愛や正義もはねのけて
水溜まりに飛び込むしぶき 涙も今すぐ溢れそう
ノロマだと馬鹿にされても 譲りたくない物がひとつ

傘差し出すとか ガラじゃないことできるはずもなく
ただ時を進めようと 泳ぎ続けていた

君のようなメロディー 甘くて少し苦い水を飲み
なんとなくの出会いがすべてを覆す

あのブルーになりかけていた 気持ちはそのままで
叫べそうもない言葉 繰り返していた

ノロマだと馬鹿にされても 譲りたくない物がひとつ

傘差し出すとか ガラじゃないことできるはずもなく
ブルーになりかけていた 気持ちはそのままで
ただ時を進めようと 泳ぎ続けていた

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/07/31
ジャンル ロック
カテゴリ その他
コメント 【テーマ詞:傘】なかなか上手く作れない
H.Yさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ