ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

Unbraver
作詞 Topaz
このぶつけようもない怒りを抱いて
ひとり暗い部屋の片隅で泣き寝入り

夢に映すのは いつもと同じ温かな場所

その飲み込めもしない悲しみが表れ
撒き散らすように画面の向こう側へ

助けてくれまでは 何処でも叫べなくて

どうしてこんな世界になったんだろう
あの頃描いたモノから段々遠ざかってくようで

この居場所は自分のもんだ
この時間は自分のもんだ
だけどちょっと無駄遣いしすぎてしまったな
その輝きは自分のものか
その明日は自分のものか
本当はもうとっくに決まってるかもしれない

どうして… どうして…


あの日の選択が違えば現在はなんて
頭は褪せた画にしがみついたままで

目の前の景色すら 見向きもしない癖に

こうしてこんな未来になったのだろう
簡単に受け入れられるほどに心は余裕がなくて


ひとりじゃないよって言って欲しかった
ただ一言だけで全てが救われるような
もう大丈夫だよって声を待ち望んでいた
ただ自分は誰かに必要とされたくて

もうさ…

分かっちゃいるんだよ 全部思い通りにはならない
とっくに知ってるんだよ 動かなきゃ始まりもしない
この世界に何処にでもいるようでいない
たったひとつの命として 今も鼓動は鳴り響く

だから希望を… 歩ける勇気を…


あの感情は自分のもんだ
あの未来は自分のもんだ
どうか明日からきっと上手くいきますように
どの世界も変えていける
どの今も遅いなんてない
本当は全てここから繋がってるかもしれない

こうして… こうして…

きっと… きっと…

生きていけたなら

どんなに素敵なことだろう

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2016/05/16
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント 久しぶりの投稿になります。『Unbraver』(読み:アンブレイバー)は完全なデタラメな造語ではあるのですが、どうしてもこの文字と読みを使いたくてタイトルにさせていただきました。
Topazさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ