ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

ガジェットシティ
作詞 ユリア†(ヨカ)
さぁ始まります 機械仕掛けの都市

神様が作った機械仕掛けの都市の世界
動き始めた人間 ゆっくり時代を歩いてく

「神様どうか」
という声も信じられない世界で 
一人前の世界から来た少年

「あぁ、僕の名前はなんだったっけ」

少年よ、その地を踏み新しい神に誓え
僕ハ今ココニ居ルと
馬鹿馬鹿しくなった魔法でも
紅い天使のその眼は
隠せないと 脅えてるんだろう?

旗をあげろ 新興宗教
呂律が回らぬ調教師
ただ少年は走るのだ その力を隠して

「あぁ、いつまで僕は
こんな世界にいるんだろう。
  この世界の本質は何?
      神の真意とは 何?」

『教エテシンゼヨウ
  今貴方ガ此処ニイルノハ
   ソノ眼に 刻ミツケル
    真実ガ目ノ前ニ在ルカラダ』

さぁ始まります 本当ノ終ワリガ
ー走馬灯が走るー

少年よ翔べ空高く 駆けろ空を素早く
その命が消え去る前に

少女は笑って

『ソノ真実ハ貴方ニ在ル』と
そういった

ーサァ少年ヨ
    道ヲ開ケー

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2015/03/29
ジャンル 詩(ポエム)
カテゴリ その他
コメント 舞台は機械仕掛けの世界
まるでSFみたいな入り出しで始まりつつ、神聖な神様というイメージを組み合わせた曲です。


前の世界ということは、世界が一度終わっています。
その生き残りということは、少年はどういう存在なのか

というところに注目してほしいです。
ユリア†(ヨカ)さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ