ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

藍色の空に
作詞 yue
一番星は語り始める
秋の夜長に趣を感じ
そっと耳を澄ませた

見上げて 空を
隅に追いやる闇の心

私には貴方を見つめる
それしか出来ないのよ
葛藤が複雑に絡み合う

綺麗だ 月が
不意に聴こえた星の声
丸で告白を促すように
今夜は君を誘って
想いを伝えようか?

六等星が嘆き哀しむ
秋の夜長に煌き壊れ
きっと幻になる

私には自分をたかめる
それが生きがいなのよ

試練だ 今は
苦し紛れに溜息をついて
言葉探しをしよう

藍に染まった好きな景色
今宵は想い募って

綺麗だ 月が
想い伝える この刹那
見上げて 空を
想いは伝わったか?

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/09/19
ジャンル ポップス
カテゴリ
コメント 【テーマ詞:夜長】大サビが1番、2番のサビと違うのが工夫点です。女性目線で気持ちを伝えたいけど伝わらないもどかしさを表現しました。テーマはあえての「秋」です。
yueさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ