ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票

うたまっぷトップへ


作詞 SUN
無音の中に縛り付けられた微かな声は手の中に溢れ出た
聞こえぬよう、流れぬよう、僕の全てで押さえつけたの
悲しくなかった。
浮べた鼓動撫でながら一緒に呼吸した。
今日は終わる。歌いながら、泣きながら、壊れてく今を笑いながら・・・

いつからだろう、空が青いのは。
問いかける音を諦めた。
帰って来ないと誰もが知っていたから。

いたずらに指を並べ立てて見せた。笑ってくれたでしょ?
僕ら一緒には笑えない
隠した涙握り締めて背を向けた。此処に居たい。
あの頃手を伸ばせば空が近づいた

呼吸する翼縫い合わせて季節に大きく羽広げて
音が聴こえるすぐそこまで

もう少し あと少し

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2014/01/26
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント
SUNさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ