ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

SUN
作詞 北キツネ
眠い…
雨のあとのやさしい春の風 季節はずれの風鈴
みんなは新しい日々に向け 一歩を踏み出そうとしているのに
僕だけこの場で足踏み あがく
この詩がどれだけの人に聴いてもらえるか わからないが
まず唄えることに感謝 m(_ _)m

I'd like to be something that can look around well.


午前1:30…
そろそろ寝ようかと思った
でももう少し この新鮮な気持ちを味わいたい
風がやみ 静寂の中 
僕の後ろで 針が音を立てながら
「時」を1つずつ大切に 刻んでゆく
この時がいつまで続くか わからないが
今までの出会いに感謝 m(_ _)m

I want to be something like time.


心呼吸をして 自分の思い出す
流れる風にのせて ゆっくりと
雷で怒るとき 雨で悲しむとき
霧で不安なとき 晴れで目覚めのいいとき
どんな時でも僕のそばにいて いつも見守ってくれている
夜は月の鏡を使って

I want to be the rising Sun every morning.

僕は人を暖められるような者になりたいなぁ

I hope that your SUN.

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2007/11/11
ジャンル その他
カテゴリ
コメント ふっと浮かんだので書きました

変な歌詞だな〜( ̄д ̄;)

PS:心呼吸はあえてです
北キツネさんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ