ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

幻想ピクニック
作詞 捺
草原でアップルパイを焼こう
馬型チョコレートは溶けちゃったから
君の手作りサンドイッチ片手に

愛し君の手を握って
これじゃあ料理が作れないや

空気中の塵を吸い込んで
水彩絵の具の光の下で
こんな暖かい冬は

お昼寝タイムはお腹がいっぱい
目覚ましは君のトランペットで
尊(たっと)い音で僕を起こして

愛し君の手を握って
寝顔はいつも僕に見せて

空気中の塵を吸い込んで
オレンジ鳥の羽毛の中で
こんな暖かい冬は

ただ広い草原で寝転がって
またとないこの冬の日を
悲しみのメロディー
僕らにはいらない
ガラス玉の内側で
混沌とした太陽浴びよう

空気中の塵を吸い込んで
水彩絵の具の光の下で
こんな暖かい冬は

空気中の塵を吸い込んで
オレンジ鳥の羽毛の中で
こんな暖かい冬は

い き を す る

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2011/03/31
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント 冬の暖かい日に英語の授業中につらつらと書き綴りました。陽が暖かくて幸せだなと思いました。
捺さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ