ご自身で作詞された歌詞を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
無料歌詞検索・うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

無料歌詞検索・うたまっぷトップへ

マバラナユキ
作詞 highway7
街は白く染まってゆく 向こうの山も雪化粧
winter breeze 浴びる僕の身体
身も心ももう冷えて 行き場を失くし呟いた
white breath 流れるように消えた

不揃いな雪の粒が妙に痛い
純粋な白は存在するのでしょうか

いつかは音も立てず消えてゆく運命
薄く汚れた雪の命
無垢な心誰も持ってない正しさも知らずね
どうせ何も言わず溶けてゆく運命
何故か僕と重なってしまうなあ
結局僕の黒い部分は誤魔化せないんだね



不確かな根拠に煽られて寒い
大きけりゃ大きいほど立派なのでしょうか


僕は何も知らぬ愚か者なんです
いつも臆病になって怯えてた

いつかは迷いさえも消えてゆく運命
皆バラバラだったっていいじゃないか
強さなんて何も関係ない不細工でいいんだよ
どうせ何も言わず溶けてゆく運命
何故か僕と重なってしまうなあ
どうだっていい誰のせいでもない今ここで砕けても

訪れる春は同じ もう何も怖がらなくていい

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
歌詞タイトル マバラナユキ
公開日 2017/01/25
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント 【テーマ詞:淡雪】
highway7さんの情報













うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ