ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
年月別リストへ戻る

自作歌詞過去履歴・2012年1月・発表順

新着順 1 - 20 件目 次へ>>
作品 作詞者 公開日
sing for world
凛句 12/01/01
ちょっとすきなひと
rizu 12/01/01
銀河鉄道
・構成AACSABCS ・いくら避けても、逃げ込むのは自分の中にだから、何も変わらない ・捨て切った物も、捨て切れていない ・正々堂々と進めということ
夢十夜 12/01/01
シンボル
・構成AASCABSC ・松明で「たいまつ」です ・2011年の象徴のような ・友達、愛、命、慈悲、喜び そういうものをひっくるめて生きていることの象徴、つまりシンボルだと思いました ・灯たいな ・冬の象徴の雪は悲しみのイメージで ・松明をいろいろな物に置き換えて作りました
夢十夜 12/01/01
ほんのうとぼんのうと
・構成DABCSDABCSD ・言葉遊びが多いです、あと結構過激に作りました ・人間なんて欲ばっか、それが本能だろっていう意味です ・娑婆堕ドゥビドゥ罵(シャバダドゥビドゥバ)と読みます ・神なんてどこにもいない、好き勝手やってる自分たちが神だみたいな ・もう悟りなんてどこにもなくて、煩悩だらけですよみたいな
夢十夜 12/01/01
君とカット
・構成ABCS ・10月の学園祭のあたり、ふと思いついて友達の前で歌った歌です
夢十夜 12/01/01
孤高の旅人
辛いです。
はる。 12/01/01
平等なんて
・詩です ・影である自分、黒である自分
夢十夜 12/01/01
過去を変えることはできるが未来を変えることはできない
・詩です ・金なんかで泣いている世の中の現状は、戦争のようなもの ・そんな平気に近いものなんか破り捨ててくれ ・それができないからいつまでも変化のない、枠にとらわれた、殺風景な絵
夢十夜 12/01/01
迷宮ラヴストーリー
・構成AABSAABS ・言葉遊びが多いです ・いつまでも形、実態がつかめず、人間不信になってしまうみたいな ・憂者(ゆうしゃ)、哀人(あいじん)
夢十夜 12/01/01
ココロとカラダ
・構成ABSCABSC ・リストカットの詞 ・赤いシュシュはカッターで切った痕 ・逃げてばかりの生き方 ・自分のこと殺せないことぐらいわかっている ・だから、ちょこんと傷付けるくらい ・多少の存在証明が欲しい ・皮膚は切り裂けても、心までは切り裂けない ・皮膚の傷は早く治るが、心の傷はなかなか治らない
夢十夜 12/01/01
パズルゲーム~ア☐デンティティ~
・構成DABCSABCSD ・思春期の自分どれなのか?って探してる辺りの詞 ・変わりながらも前に少しずつ進んでいるというメッセージ ・好きなように進んでも、どこへだっていけるさみたいな ・死んでぶっ倒れる清々しさを祈って生きればいい
夢十夜 12/01/01
真のリーダーオーディション
美銀 12/01/01
自由の木
・詩です ・心=幹 ・木と自分の対比 ・自分で自分を悪くして ・しっかりとした基盤がなければいけない、しかし、それを環境や人の所為にしてはいけない
夢十夜 12/01/01
そうそう
美銀 12/01/01
情愛
美銀 12/01/01
思ひ出のように
美銀 12/01/01
銀河
・構成ABSCABSCD ・星の表面温度は高いのが青白で、低いのが赤、だんだん冷めた関係 ・顔色はいつもは青白だけど、デレて赤くなる ・星って実は、もう無くなってしまった、光が地球に届いている ・もう、無くなっているかもしれない、嘘をまだ光っていると信じ込んでいる ・星座で、隣りの星の間隔が狭いように見えるが、実際は何千光年と離れている ・織姫と彦星、天の川、銀河 ・星座を恋愛話に喩えても、所詮神話 ・虚構の愛でなく、自分たちの愛が本物だみたいな ・けっこう星に関連させて、奥深く書きました ・ ・
夢十夜 12/01/01
冷たい世界
我ながらまとまってないモノ完成。
蘇季 12/01/01
途方に暮れる時代
SYOTA 12/01/01
新着順 1 - 20 件目 次へ>>








うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ