ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

愛を憂う
作詞 藤堂 ゆきお
私はか細く息をし
あなたの目が覚めないように潜めるの
日々の厄介事 今は夢の如く消えゆく

電話が鳴っても
今じゃ 時が悪いのさ
愛する相手が目を覚まさぬように

明日を憂うばかりの二人
ベッドの中ならば
こんな下らない世界と思えてきて
全てがここに詰まってるという気がする

(どうかどうか この罪深き人間の有り様を
裁いてください どんな名前でも良いから)

本に挟まる栞がはらりと落ち
二人の関係がどうなるのか
もう一切の未来 謎めいたまま
入り組んだ迷路を好む
私達が終わろうとも
今を終わらせたりはしないのさ

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2017/03/02
ジャンル 歌謡
カテゴリ 恋愛
コメント
藤堂 ゆきおさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ