ご自身で作詞された作品を「うたまっぷ」で発表するコーナーです。皆さんのご投稿をお待ちしております!
うたまっぷトップへ
 人気投票
 コメントを書く

うたまっぷトップへ

橙、彩る、初雪の街。
作詞 彩月はるか
気付かない 気付けないまま
もう何回の季節を越えてきた
愛しい思い 曖昧に流れる程
君への言葉が上辺になってく

君が幸せと言ってくれた頃は
どんな事でも出来た気がする
見送る君をいつまでもルームミラー
小さくなるまで見ていたんだ

街灯が照らす、夜の景色の中に
君は綺麗に染まってみせたから
また輪郭からぼやけていくんだ
君をまたひとつ見失っていくよ

さよならを言ったつもりはなくて
でも今居ないならきっとそうなんだろう
わかってるさこれがさよならな事は
聞き分けの悪い子供だって構わない

初雪 ざわめく 言の葉 ひとつ
君には届かない もう二度と 届かない
降雪 ゆらめく 言の葉 ひとつ
君には届かない なにひとつ 届かない

本作品の著作権は作詞者に帰属します。
掲示板、
ブログ等に
リンク
URL▼

リンクタグ▼
公開日 2016/08/01
ジャンル その他
カテゴリ その他
コメント
彩月はるかさんの情報











うたまっぷTOP作詞スクール歌詞検索自作歌詞愛ことば便アーティストクリップうたまっぷインディーズ俳句・川柳
お問い合わせ歌詞リクエスト登録リンクURL登録音楽関係リンクサイトについてプライバシーポリシー
うたまっぷ